ナンパ

中星マインドの重要性について(前編)

 

 

 

俺は中星一番、魂のnoteにて1000万円稼いだ男だ。

今回はナンパや恋愛において「マインド構築」がいかに大切なのかを解説する。

 

 

今更だが、俺のnoteは有料だ。

加えて言うと現在メインの教材は19800円となっており、さらに値上げ予定だ。

しかしこのブログは無料で公開している。

 

 

ノウハウ的には、有料レベルでもいい内容を詰め込んでいるつもりだ。

ではなぜ諸君らに配るかというと「まずは恋愛とは、女とはなんたるか」を知ってほしいためだ。

以前の記事

サンクコスト理論、恋愛において最強説-後編-

 

でも紹介したように、俺のノウハウは君を強くする筋肉ともなるし、また身を守る護身術ともなりうる。

 

詳細ノウハウはnoteに記載しているので、ここを入口玄関として、ぜひ値上がりする前に購入していただきたい。

 

 

君が本気で――この世界を楽しみたいのならな。

 

 

 

 

なぜマインドが重要なのか

 

常識をぶっ壊し、女に「捨てないで」と言わせる。

そのような、なぜマインドが重要なのか?

それには2つの理由がある。

 

 

・ナンパができるようになる

・物怖じしなくなる

 

 

このようになるからだ。

 

実質「全てにおいて、自分の欲望通りに物事を進められるようになる」という2つ目に集約される。

つまりこの「中星マインド」を頭に定着させると、

 

――君はこの世界を飛ぶための翼を得るのだ。

 

 

具体的に解説していく。

 

 

ナンパができると何がイイか

 

マインドとナンパは表裏一体のような関係であり、相乗効果が確実にある。

 

なぜなら日常生活を送っていて、ナンパをする人間なんてごく数%にしか満たないだろう。

 

それはなぜか?

 

 

――ナンパが「常識的」にいけない行為だからである。

 

 

ナンパとは漢字にすると軟派と書き、硬派の対義語として使われる。

しかしながら俺たちする「ナンパ」とは、むしろその逆で、

 

自らの身一つで女の群れに切り込み――全てをベットしながら戦うことである。

 

 

持てる知恵と経験……そして度胸を用いて、己の世界を切り開いていくのである。

 

 

その先に待つのは、自分の望んだ恋愛であり――その運営にはマインドが不可欠なのだ。

圧倒的な支配を手にする者もいるだろう。

関係性のはっきりした永遠の愛を手にする者もいるだろう。

心やすらぐ聖母のような寵愛を受ける者もいるだろう。

 

 

そのすべては君がナンパした「一歩目」によってカタチづくられている。

 

ひいては女は「行動力」「決断力」がある男に惹かれる。

心理学的にいろいろ説明できるだろうが、それすらも必要ないほど女の遺伝子に組み込まれているのだ。

原始時代にナヨナヨした雑魚男に、君は嫁ぎたいと思うだろうか?

 

 

誇りを持って声をかけろ。

 

それは女を救うのだ。

 

 

 

物怖じしないと何がイイか

 

近年、繊細な若者が増えている。

 

それもそうだ、現代社会とくに日本は「人を気遣いましょう」我慢しましょう」「目上の人を敬いましょう」などと何かを強いられていることが多い。

そんな日常を過ごしていて、SNSも発達し生きづらさを感じぬ人間などいない。

 

 

こんな社会の様相で、物怖じしなくなるとどういいのだろうか?

 

 

それは「自分らしく生きれる」ということだ。

 

社会の常識とは、ときたま狂気を感じるレベルでものごとの本質からずれていることが多い。

 

特に恋愛においてはまさにその通りだ。

 

 

世界にはクソッタレ雑魚フェミニストが増え、女性の人権を主張する。

それ自体は勿論すばらしいことだ。時代が進歩し新たな奇跡がうまれている最中だろう。

しかしそれを、こと「恋愛」に当てはめると――いや、当てはめすぎると非常に危険である。

 

具体的に言わせてもらえば……あなたが結婚したときに「嫁からのお小遣いは少なく」「生まれた子供にも蔑ろにされ」「ようやく落ち着いたと思ったら嫁の不倫は発覚し」「なんやかんやと財産折半」となる確率が非常に高くなる。

上記の人生はあくまで一例であり、人の数だけ一生はうつり変わるが根本的な「女の尻に敷かれる」というのは同一である。

 

これに「物怖じせずに行動できるマインド」がしっかり備わっていれば、嫁や彼女の暴走も事前に食い止め、それどころか諸君の地位が向上するのでさらに愛を深めていくことが可能なのである。

 

世の中の雑魚男は「女の尻に敷かれているくらいが丁度いい」などとのたまう奴もいる。

 

信じられない。I don’t believe it.

 

お前らが未熟者なのを直視せず「俺は敷かれてやってるんだ」と言わんばかりの態度。

絶望通り越して呆れてしまうね。

常識的には「女の子には優しくしましょう」だとか「男の子がなんでもしてあげましょう」とあるが、そんなものはクソくらえだ。

 

 

優しくするのは勿論大切だが、思考停止して「優しくするだけ」はすぐに愛想をつかされ別の男にいかれるぞ。

女というのは本質的に「支配されたい欲求」がとてつもない。そして誰でもレベルは違えど建前(嘘)を言うし、セックスが大好きでドМだ。

これはもうDNAに組み込まれていることなのだ。

世の中の女のタイプが服装や文化によって増えているように錯覚するが「本質的にはこん棒でマンモスと戦ってた時代」から根本の部分は変わってないのである。

 

 

「いや、彼女は俺一筋だし……」

 

 

とか言ってるお前。

その場合、別れてないだけで他人チンポにもう跨がってるからな。

 

ではどのようにマインドを習得するか?

 

これについては、本気で人生を成功(性交)させたり自分を変えたいと望んでいるものは、すぐにnoteを読んでほしい。

 

他のノウハウも試したいなら止めはしないが、それでは結局遠回りだ。

情熱をもってフルコミットをしたい君に、このnoteたちを捧ぐ。

 

 

 

 

マインドの修行方法についてはいくつかあるが、まずなによりも優先すべきが「ナンパ」である。

 

これは先ほどの内容と重なる部分があるが、声掛けとは普段しないような行為であり、自分の常識を壊すことに最適なのである。

 

一流ホストのRoland少女漫画界のレジェンド花より男子の道明寺司の言動から研究し、あとはひたすら街にでて「声掛け」をするのである。

 

 

テンプレートなどはnoteに記してあるが、そこまで難しいものではない。

加えて俺の最強スクリプトは最初に「すいません」を置くので、迷惑防止条例違反になることもない。

 

すいません、に対して反応した相手にのみトークを仕掛けていく。

これほど優しいナンパはないだろう――俺たちに対しても女に対しても。

 

 

それに比べて「即系ナンパ師」と呼ばれる類の奴らは、まず間違いなく迷惑防止条例に違反している。

女につきまといながら進路を封じ「番号教えてよ」「飲みに行こうよ」「ホテル行こうよ」などオラオラをはき違えた輩が多い。

この読者にそんなものを志す者は少ないと思うが、ひとつ忠告する。

 

 

それ、犯罪です。

 

 

俺は犯罪以外ならなにをしてもいいポリシーだ。

逆に言えば「犯罪をおかすやつ」は例外なくクズだ。本当の意味で女の敵になってしまう。

暴力や犯罪以外で女を支配してこそ、諸君らは「本物の強い男マインド」を手に入れるのだ。

 

 

上記を踏まえナンパをするにあたって、重要なことがある。

 

それは「誰にでも声をかける」ということだ。

 

何を当たり前のことを言っているのかと思うか? この文章には「たとえ自分のタイプでなくても」「デブ・ブス・マダム」でも狙えということだ。

俺の講習生で初心者の子たちは「声掛け」に苦しみ、経験者は「相手のスト値」に悩み成果が上がらない。

 

 

俺に教えをこう時点で、そのような「前までの価値観」は全て捨ててくれ。

 

これから「中星マインドの恋愛」をするにおいて、なんの役にも立たないどころか、常識という壁をぶっ壊す弊害になりかねない。

 

 

醜女だろうと熟女だろうと、誰しも「王子様」を求めていることには変わりないのだ。

 

加えて、これらに対しても一定して「ペット・子供」に話すイメージで接しろ。

 

 

相手の役職や容姿など、それこそ本当に関係ない。

 

 

俺らが逐一合わせるよりも「圧倒的なオス」で納得させたほうが早いのだ。

 

 

そのために今日もナンパをしマインドを手に入れるのである。

 

 

中星一番